逆指値注文

外国為替証拠金取引比較KINGでFX比較


逆指値注文

逆指値注文【ぎゃくさしねちゅうもん】

逆指値注文は、今の為替レートよりも高いレートを指定して買い注文を出す、あるいは今の為替レートよりも安いレートを指定して売り注文を出すという注文方法です。

指値注文の場合であれば、買い注文を出す時は今の為替レートよりも安いレートを指定し、売り注文の時は今の為替レートよりも高いレートを指定しますが、逆指値注文では注文方法が逆になるために、「逆指値」と呼ばれています

逆指値注文は、主に損失を拡大させないようにするために用いられ、逆指値注文をしておけば、あらかじめ指定した価格になった時に自動的に損切りを行なうことができます。

また、為替レートがある一定のレンジ内で推移していた場合に、そのレンジ上限を超えてきたら買い、レンジ下限を下抜けたら売るというレンジブレイクを利用した注文を行なう場合にも利用されます。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://netvc.b42.coreserver.jp/mt/mt-tb.cgi/143
当該記事へのリンクがないトラックバックは受け付けません。

RSSフィード