IFD注文

外国為替証拠金取引比較KINGでFX比較


IFD注文

IFD注文 【いふだんちゅうもん】

IFD注文とは「IF DONE注文」の略称で、新規注文と決済注文(仕切り注文)を同時に出す事ができます。

IFD注文を行なう事で、利益確定させたり損失を限定させる事が自動的に出来るようになります。

■利益確定の例

現在の為替レートが1ドル=110円だとして、109円の新規買い注文、111円の売り注文(決済注文)をIFD注文で行なったとします。その後、為替レートがドル安になり109円の買い注文が成立すると、111円の売り注文が自動的に有効になるため、その後ドルが高くなり111円まで達すれば111円の売り注文が決済され利益を確定させることができます。

■損失限定の例

現在の為替レートが1ドル=110円だとします。109円の新規買い注文、105円の売り注文(決済注文)をIFD注文で行なったとします。その後、為替レートがドル安になり109円の買い注文が成立すると、105円の売り注文が自動的に有効になります。その後、万一そのまま円高ドル安が続いて105円まで達すれば売り注文が決済され損失を確定させる事ができます。

IFD注文をうまく活用すれば、相場をしばらく見れない時でも自動的に売買を行なう事が可能になります。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://netvc.b42.coreserver.jp/mt/mt-tb.cgi/144
当該記事へのリンクがないトラックバックは受け付けません。

RSSフィード